Day1-1:エミレーツ航空でドバイへ、エミレーツのバースデーケーキ、世界一美しいスタバへ

—————————————————————————–
ANAマイルの貯め方はこちら
Booking.comの2000円キャッシュバックはこちらからどうぞ
—————————————————————————–

Day1:2016/06/28

6/28の深夜便に乗るので、前日夜に羽田空港へ向かった。

EK313 0:30 羽田~ドバイ
飛行機は窓際の席が好きだけど、長時間のフライトなので3列シートの通路側を指定していた。離陸後の機内食はこちら。

エミレーツ航空の機内サービス!記念日のホールケーキ

機内食を食べ終えて、日本時間のど深夜(確か26時頃?)に、予約していたバースデーケーキが運ばれてきた!想像より大きいホールケーキが出てきてびっくり。ちゃんとBirthdayのプレート付き。 ポラロイドで記念撮影してくれて、写真にメッセージも添えてくれた。(当時は無料のサービスだったけど、どうやら現在は有料になった様子。私はエミレーツのオフィスに電話して予約した)

エミレーツ航空-機内特別食のご要望

ちなみに予約時にケーキはどの便で出してもらうか選ぶことができ、きっと日本搭載のケーキが一番おいしいだろうと思ったので、行きの羽田~ドバイの便で出してもらうことにした。

こんな立派なホールケーキが当時は無料!(GODIVAのチョコ付き)持ち帰り用の箱も貰えるので、少し食べて持ち帰り用にしてもらった。

隣の席に座っていた女性に話しかけられる。彼女も一人旅だそう。かなり色々行っているようで、この時はドバイ経由でサンクトペテルブルグに行くとのことだった。

着陸前の機内食。ケーキも食べたしお腹いっぱいで要らない…と思っていたけど、完食。

6:15 ドバイ空港に到着。リスボン行きの飛行機まで時間があるので、ドバイの街に出ることに。

まだ時間が早すぎるので、空港内で時間を潰してからドバイメトロの駅へ向かう。メトロのチケットは券売機もあるけど、窓口で1日乗り放題のチケット(22AED)を購入。クレジットカードで支払いOK。早速観光に出発!


[PR]年会費無料・海外旅行保険付帯のエポスカード

ドバイのイブン・バトゥータモールにある『世界一美しいスタバ』へ行ってみた

ちょうど通勤時間帯とぶつかり、メトロは混雑していた。Ibn Battuta(イブン・バトゥータ)駅で下車してイブン・バトゥータモールへ。まだ朝9時くらいだけど、この時気温はすでに40度くらい…

このショッピングモールは各ゾーンごとに国をイメージした内装になっている。
目的のペルシャコートへ。

ここに来た目的は、『世界一美しいスタバ』!!
ペルシャコートにあるスタバは天井がモスクみたいなドーム状になっている。 この日はラマダン期間中で昼間は営業していないので、スタバの緑のサインが点いていない。(ラマダン中は、飲食店は日没後にオープンする)

チャイナコートには中華風スタバもある。

Burj Khalifa / Dubai Mall駅で下車。ドバイに来たからには、バージュハリファを見ておかないとね。ドバイは今も建設ラッシュで、前回来たときよりも建設中のビルが増えていた。

ラマダン中のドバイモールはどんなものかチラ見しに来た。思ったよりはガラガラではなかったかも。

メトロでドバイ空港へ戻る。リスボン行きのターミナルを確認し、ターミナル間を走るエアトレインで移動。ドバイ空港はとにかく広くて、移動が大変だった。


[PR]年会費無料・海外旅行保険も付いたJCB EITカード

エミレーツ航空で貰えるミールバウチャーでマクドナルドへ

成田空港でチェックイン時にミールバウチャーを貰っていたので、搭乗前に食事を取ることに。ミールバウチャーはドバイで乗り継ぎが4時間以上あると貰えて、バウチャーに載っているお店で無料で食事ができる。エミレーツ太っ腹!

ミールバウチャーを持ってマクドナルドへ。ミールバウチャーはメニューが限定されているので、フィレオフィッシュのセットを注文。マックアラビア食べたかったけど、バウチャーは対象外みたい。あれ好きなんだけどなぁ。

食事を終えたら、間もなく搭乗。エミレーツでリスボンへ。