Day3-1:ファティマ・バターリャ・ナザレ・オビドスへ(前半)

Day3:2016/06/30

Veltraで予約したファティマ~バターリャ~ナザレ~オビドスを周る英語ツアーに参加。64ユーロだった(当時)。8:45に集合場所のハードロックカフェ前へ。ここは各ツアーの集合場所になっているらしく、観光客でごった返していた。

[PR]オプショナルツアーはVeltra(ベルトラ)

ガイドに名前を呼ばれ、このミニバンに乗車。メンバーはブラジル人、オーストラリア人などで、アジア人は私だけだった。

ファティマ~ファティマ大聖堂

まずは『ファティマの奇跡』で有名なファティマへ向かう。ドライバーはガイドを兼ねていて、道中は次の観光地の解説をしてくれた。

ファティマの大聖堂は、年に数回の大きいミサの時には広場に信者が30万人も集まるらしい。熱心に祈りを捧げる信者や、膝立ちで歩く信者を見た。ここはカトリックの聖地だということを実感。

私もろうそくを買う。

ものすごい数のろうそくが置かれた燭台。

駐車場近くに教会のお土産やさんがあったので、お土産にメダイを購入。

ファティマ大聖堂近くのお土産やさんで休憩タイム。

バターリャ~バターリャ修道院・未完の礼拝堂

お次はバターリャへ。
実はバターリャ修道院は今日のツアーで一番見たかった場所。ポルトガル語の『バターリャ(batalha)』は英語のbattle=戦いという意味で、かつて王位継承を巡り争った歴史に由来しているらしい。

バターリャ修道院はもの凄く大きく、繊細な造りをしていた。

修道院の中へ。

ジェロニモス修道院にそっくり。同じ建築家だから当然?

私が見たかったのは未完の礼拝堂。ここは別料金がかかる。
未完の礼拝堂はぐるっと周って外から行くらしい。ツアーなので時間に余裕がなく、走る…

こちらが未完の礼拝堂。この通り礼拝堂の天井がない。
これは設計上のミスという説や、リスボンのジェロニモス修道院の建設に建築家がとられてしまったからとの説もあるけど、真相はわかっていないらしい。

バターリャは見学時間があまりなかったので、かなり急ぎ足で回ることになった。未完の礼拝堂はもっとゆっくり見たかったけど、間もなく集合時間なので急いで車へ戻る。それなのに、ブラジル人のおばさんが15分も遅れてきてイライラ…
全員揃い、次の目的地ナザレへ向かった。

フォローする