Day2:フランクフルト→マドリード→タンジェ→シャフシャウエンへ

Day2

IB8619 フランクフルト⇒タンジェへ

この日は早朝の飛行機に乗るため、AM2:40に起床。ホテルをチェックアウトして、フランクフルト中央駅 AM3:47発のSバーンでフランクフルト空港へ。この時間は本数は少ないけど、24時間電車が動いているのはとても便利!

今回はイベリア航空利用(運航はエアノストロム)なので、フランクフルト空港駅からシャトルバスでT1⇒T2に移動し、イベリア航空のカウンターでチェックイン。今回の航空券をイベリア航空のサイトで買ったときに、『購入時に利用したクレジットカードをチェックインカウンターで提示してください』というメッセージが出て、イベリア航空に電話してみると『ランダムで表示されることがあるので、その場合はカウンターで決済に使用したクレジットカードを提示してください』とのことだった。カウンターでクレジットカードを見せて、無事チェックインできて一安心。

Iberia Loungeの営業時間はAM6:00からと書いてあったけど、時間前に入室している人がいたので私もラウンジへ行ってみた。軽く朝食をいただく。

IB8619 6:30発の飛行機でフランククフルト⇒マドリードへ。

マドリード T4に到着。この空港、本当に広くて大変なんだよね… 去年マドリード空港で延々と歩いてすごく疲れた記憶が蘇る。

IB8374 マドリード⇒タンジェへ

タンジェ行きの飛行機はT4S(サテライト)から出発するので、シャトルトレインでT4⇒T4Sに移動。

T4Sでスペイン出国のスタンプを押してもらい、T4SにあるIberia Loungeへ。
写真ブレブレだけど、ラウンジで2回目の朝食。この時ラウンジにたくさん日本人がいたなぁ。

IB8374 11:35発 マドリード⇒タンジェ

機内でモロッコの入国カードが配られた。

[PR]航空券徹底比較『スカイスキャナー』

タンジェ空港から徒歩+ローカルバスで市内へ

スペインとモロッコは1時間時差があり、タンジェ到着は11:47。入国審査はあっさりしていてスムーズに入国。

空港内の銀行でとりあえず20ユーロだけ両替。この日の両替レートは20ユーロ=207.41Dh。タンジェ空港ではモロッコのSIMカードは売っていなかった。街で買うしかないか…

空港から中心部へはタクシー一択らしいけど、空港の2キロ先にローカルバスのバス停(Entree De L Aeroport)があるようなので、バス停まで歩いて行ってみることにした。これが真夏とか真冬だったらしんどくて歩かないけど、この日は23度くらいでちょうど良い気候だったのでね。

空港を出たら右に曲がってまっすぐ歩く。そこまで暑くないけど、日差しが強い!

ここのラウンドアバウトの近くから市内中心部行きのバスに乗ることができる。この辺りは車通りが激しくて、信号もないので道路を渡るのが大変だった。特にバス停らしきものはないけど、地図にあるEntree De L Aeroportのあたりで手をあげたら止まってくれた。I9バスは4.5Dh。

バスに乗ること15分くらい、私が乗ったバスは思っていた場所まで行かず、よくわからない場所で全員降ろされてしまった…
スーツケースを転がしながら30分以上歩いて、どうにか中心部のあたりへ。まずは小さな商店みたいなところでモロッコテレコムのSIMカードを購入。SIMカード代+1GBで40Dh。

街を歩いていたら大砲があった。

お腹が空いたのでマクドナルドへ。

ここのマックは機械で注文できるけど、アラビア語 or フランス語の2択だった。どうにかフランス語で注文したけど、私のクレジットカードが機械では使えずカウンターでお支払い。P’tit mcfondueのセットは36Dh。

タンジェは見どころも少ないので、イブンバトゥータモールへ行ってみた。ドバイのイブンバトゥータモールと全然違うけど、別物?? ドバイはテーマパークみたいに凝った内装だけど、ここは普通のショッピングモールで規模も小さかった。

ショッピングモールのフードコートで早めの夕飯。フードコートも小さくて、あんまり選択肢がない。BOXというお店で、パニーニとポテト。27Dh。

CTMバスでタンジェ⇒シャフシャウエンへ

私が買ったCTMのバスチケットは、TANGER AGENCE PRINCIPALE(タンジェCTMオフィスのバスターミナル)⇔ CHEFCHAOUEN の往復で買っていたので、タンジェの中心部から離れたCTMオフィスまで行く必要があると思っていた。遠くて歩いて行ける距離ではないので、ローカルバスで行ってみようとバス停で待つも、なかなか来ない… もしかしてバス停間違えた?と焦って地元の人に聞いてみると英語が全く通じなーい…

何人目かに話しかけたビジネスマン風の人は英語を話せたので、地図アプリを見せて、『TANGER AGENCE PRINCIPALEまで行きたい、そこからCTMバスに乗りたいんだけど』と伝えると、バスターミナルまで連れて行ってくれた。でも連れていってくれた場所は私が行きたかったCTMオフィスじゃなくて、街の中心部にあるTANGER GARE ROUTIEREというバスターミナル。『ここじゃなくて、TANGER AGENCE PRINCIPALEに行きたいんだけど…』と彼に伝えると、「あそこにCTMのカウンターがあるよ。OK?」と指さして教えてくれた。

私のチケットはこっちのバスターミナルじゃないけど大丈夫かなーと少し不安に思いながらカウンターに向かう。更に、バスチケットはCTMのアプリから購入していたけど、なぜかeチケットが表示できなかったのでそれも心配だった。CTMのカウンターで支払い画面とCTMに送ったメールのプリントを見せたら、往復分のチケットを発行してくれた。バスもここから乗って良いって。あー良かった!!

荷物代は別途必要で、重さによって変わるらしい。私のスーツケースは5Dhだった。

TANGER GARE ROUTIEREを20:00に出発、その後TANGER AGENCE PRINCIPALEを経由してまずはテトゥアンへ。

テトゥアンで長めの休憩を挟み(ただのトイレ休憩かと思ったら45分くらい停まってた)、シャフシャウエンに23:20頃に到着。バスを降りるとすぐにタクシーに声をかけられ、メディナ(旧市街)のアイン門までの料金を聞くと30Dhとふっかけられる(相場は10-20Dhらしい)。この時ほかのタクシーも見当たらなかったけど、30Dhは高すぎると思って20Dhでアイン門まで行ってもらうことにした。なぜか女の子も2人同乗してきたけど(おそらくモロッコ人?)、料金はそのまま20Dhをお支払い。

アイン門でタクシーを降りて、メディナの中へ。メディナの中は迷路みたいに複雑だけど、私の予約した宿はアイン門から近かったので、迷わずに到着することができた。

Dar Touijarにチェックイン

Dar Touijar(ダル トゥイジャ)にチェックイン。可愛い部屋。

ドイツ⇒スペイン⇒モロッコと移動続きの1日だった。おやすみなさい!

[PR]国内&海外ホテル予約『トリバゴ』

フォローする