ヘルシンキ・タリン旅行の手配

今年の冬休みはヘルシンキとタリンに行ってきます!
最初はフィンランド→エストニア→スウェーデンと3か国周るつもりでしたが、ヘルシンキ+エストニアの2か国に落ち着きました。先日やっと航空券・ホテル・エストニア行きのフェリーをすべて予約し終わったので、ここにまとめてみます。

航空券・ホテル

航空券

今回はJALソウル発券した航空券の『NRT-HEL区間』を利用。

JL092  12:10-14:15  GMP-HND ※使用済
JL413  11:30-15:00  NRT-HEL  ※今回利用
JL414  17:25-10:00  HEL-NRT  ※今回利用
JL091  08:25-11:00  HND-GMP ※次回利用

ホテル

今回は1泊はフェリー泊、残り3泊はヘルシンキ中央駅付近のホテルを予約。今回は2ヵ所のホテルを泊まり歩くことにしました。

Klaus K Hotel(ホテル クラウス K)

GLO Hotel Kluuvi Helsinki(グロ ホテル ヘルシンキ クルーヴィ)

ヘルシンキ~タリンのフェリーを予約

ヘルシンキからタリンへはVIKING LINEのフェリーを予約。フェリー会社はいくつかあるようなので、各社の時刻表を見て決めました。

フェリーは往復で予約すると割引があり、片道だけ乗った場合と値段は同じくらいなので往復の予約がお得でした。ヘルシンキ~タリン間は2時間ほどで到着しますが、フェリーに泊まることもできるようなのでフェリーのキャビンも予約。ヘルシンキ⇔タリンの往復フェリー&キャビン(宿泊)が42ユーロ、ディナーブッフェをオプションで付けて26ユーロ、合計68ユーロでした。

ヘルシンキからタリンのフェリーを予約する(Veltra)

防寒具の準備

・ダウンジャケット
・UGGブーツ(中にアルミのインソールを入れてあります)
・手袋(2つ以上)
・イヤーマフ、帽子、マフラー
・裏起毛のインナー、タイツ

今回の旅行にむけて、ダウンジャケットを新調しました。
ブーツは以前網走に行った時、UGGブーツにアルミのインソールを敷いて寒さを凌いだので、今回もそれで行きます。余裕があれば靴裏に滑り止めのついたブーツに買い替えようかな。
手袋はうっかり落として失くすことがあるので、2つ持っていきます。

SIMカードをAmazonで購入

スペイン・ジブラルタルに行ったときにも使ったThreeのSIMカードをAmazonで購入。今回は期間も短いので、1GBのSIMカードを購入しました。

スケジュール

Day1:AMの便でNRT→HEL、夜のフェリーでヘルシンキからタリンへ(フェリー泊)
Day2:タリン街歩き、夕方のフェリーでヘルシンキへ(ヘルシンキ泊)
Day3:ヘルシンキ観光(ヘルシンキ泊)
Day4:ヘルシンキ観光(ヘルシンキ泊)
Day5:ヘルシンキ観光、夕方の便で帰国 HEL→
Day6:→NRT