クレジットカードの不正利用に遭った話~セゾンカード編

今年の夏にクレジットカードの不正利用が発覚しました。しかも2ヶ月連続で2枚のカードが不正利用の被害に遭うという…

被害に遭ったカードは、ユナイテッド航空 マイレージプラス PLATINUMカード(セゾンカード)とJAL-JGC CLUB-Aカード(三菱UFJニコス)。

以下は『不正利用の発覚~調査終了まで』のまとめ、セゾンカード編です。

知らない電話番号から電話がかかってきた

8月某日、私の携帯電話に知らない番号からの着信が残っていた。普段電話帳に登録していない番号からの着信はほとんどないし、そういう電話は営業電話だったりもするのでネットで電話番号を調べてからかけ直すようにしている。

ネットで電話番号を調べてみると、どうやらセゾンカードからの着信…
悪い予感しかしないけど、とりあえず電話を掛けてみることにした。


セゾンカードに電話を掛け、係の方に電話を取り次いでもらうと、どうやら私のカード番号で不正利用の疑いがあったという話だった。『最近海外に行かれましたか?』と聞かれたので「はい」と答えると、7月~8月のカード利用について色々質問を受けた。

『7月X日、マレーシアでXXX円のお買い物をされましたか?』
「はい」(7月にクアラルンプールとペナンに行った)

『8月X日とXX日、【欧州の某LCC航空会社】でXXXXXX円とXXXXXX円の航空券を購入されましたか?』
「(え!2回も…) してません」

『8月X日、オランダ(だったような)でXXXXX円のお買い物されましたか?』
「してません… あの、オランダですか?スペインではなく?」 (スペインのサイトで買い物をした)
※スペインのサイトの決済先がオランダだったらしく、これは私の利用分だった

カード会社の方曰く、海外でスキミングされるケースが一番多いと言っていたけど、私は海外にも行っているし海外のサイトで買い物もしているからなぁ。一体どこでカード番号を盗まれたんだろう…

不正利用が発覚した経緯

今回はカード会社からの電話で知った。利用明細はカード会社から毎月の請求額のメールが飛んでくる時に見る程度なので(Web明細)、不正利用された当時は気づくことはなかった。

カード会社の方に今回どうやって不正利用が発覚したのか聞いてみると、ある海外のサイトでセキュリティコード(カード裏面の3桁の数字)の不一致で決済できなかったので、不正利用の疑いがあり連絡を貰えたとのことだった。(その前の某LCCの航空会社では不正利用されてしまったけどね… セキュリティコードの入力が不要なのかも)

私はWeb明細だと見逃してしまうこともあるので、月々の利用明細のチェックは大切だな、と実感。今回は電話を貰えて助かった。

[PR]航空券徹底比較『スカイスキャナー』

新しい番号のクレジットカードが到着

電話を貰ってから1週間程度で新しい番号のクレジットカードが到着。不正利用されたカードは公共料金、携帯電話、生命保険など生活に関わるほぼ全ての引落し用に使っていて、ユナイテッドのカードが不正利用されたタイミングでJALカードにすべて変更した。私は生命保険は細かく数社に入っているので、あちこち電話する必要があって結構大変だった。

しかもその翌月にJALカードも不正利用されてしまったので、2ヶ月の間に引落し関係のクレジットカードを『ユナイテッド→JALカード→JALカード(新番号)』と変更しなければならず、めちゃくちゃ手間がかかった。仕方ないけど…

調査依頼書が到着→返送

新しいカードが届いてしばらく経ってから、調査依頼書が到着。
私の名前、記入日、署名をしてカード会社に返送した。

[PR]年会費無料・海外旅行保険付帯のエポスカード

Web利用明細に不正利用分が反映された

8月に不正利用の連絡があり、11月に入ってからセゾンカードの利用明細が更新された。

私の場合、某LCC航空会社の不正利用分は引落し保留になっていたので、上記の表示をWeb明細で確認して終了。不正利用に気づくのが遅かった場合は既に引落しがされてしまったり、引落しを止めるのが難しいことがあるかと思う。一度引き落とされてしまうと調査結果が出るまで返金されないようなので、後で返金されるとはいえ結構な金額が口座から引落とされてしまうのは痛い。

クレジットカードの不正利用については、ある程度気を付けることはできても防ぎきれない部分もあると思う。今回はカード会社が補償をしてくれたので本当に助かった。

(ちなみに三菱UFJニコスの不正利用分は現在調査依頼中です…)

フォローする