フィリピン・セブ短期留学(2週間)~プロローグ

フィリピン留学に興味を持ったきっかけ

実は今年の秋に2週間のフィリピン短期留学に行ってきました。
最初にフィリピン留学を検討したのはもう8年ほど前、オーストラリアのワーホリ中に出会ったコリアンの友達が教えてくれたのが興味を持ったきっかけ。その頃の日本ではフィリピン留学や2か国留学はメジャーではなかったけど、韓国ではフィリピン留学はその当時から割とメジャーなようだった。

私の語学学校でのレベルは intermediate(中級)くらい。オーストラリアの語学学校のGeneral Englishのコースの主な授業内容はグラマーなので、スピーキングを伸ばすためにはフィリピン留学が良いのかもと考えるようになった。フィリピン留学を終えてからワーホリに来たという日本人の男の子にも出会い、彼にも話を聞くとやはりフィリピン留学はお勧めだと言っていたのでますます興味が沸いた。ワーホリから帰国して留学エージェントに問い合わせたりもしたけど、早く社会人に戻りたい気持ちもあって結局その時は留学することはなかった。

 
 

その後数年経っても留学したい気持ちは消えず、仕事も辛かったので留学を再度真剣に考えるようになった。当時はエージェントが開催する留学説明会や留学フェアにも参加して前向きに考えていたけど、プライベートで大変なことがありこの時も留学を諦めることに…

2週間のフィリピン短期留学へ

そして今年、遂にフィリピン留学を実行。本当は2ヶ月くらいは行きたいと思っていたし、無理かなーと思っていたけど、突発的に決めました。2週間くらいなら行けるかもと思ったら、早速エージェントや学校に問合わせ。2週間で英語が上達するとは思わないけど、今回の目的は”英語学習のモチベーションを上げること”なので、とりあえず短期でも行こうと決心した。

エージェント曰く『極端な話、学校の空きと航空券さえあれば明日からでも留学できます』とのことだったので、学校の空きを確認してもらい、自分のスケジュールを確保して速攻申込み。問合せから留学に行くまで僅か2週間!航空券を取ったのも渡航1週間前という強行スケジュールだった。私はやると決めたら早い!

そういえば私が通っていたシドニーの学校も、1週間の休暇で短期留学に来ていた社会人の方もいたな。フィリピンも1週間から留学することができるし(学校によります)、社会人や忙しい人でも行く気になれば行けると思う。

フィリピン留学の繁忙期は学生の休み期間で、私が行った秋は閑散期なので空いていたのもラッキーだった。これが夏休みや春休み期間だったら無理だったかも…

[PR]年会費無料・海外旅行保険付帯のエポスカード

語学学校選び

私は元々何年も前から留学を考えていたので、興味のある学校はいくつかあった。2週間だけだし勉強に集中するのも良いかなと、セミスパルタ校も一応候補に入れていた。

フィリピンには語学学校が山ほどあるのでエージェントにもおすすめの学校を聞いてみようと思い、『比較的値段が安くて、留学生の満足度が高かった学校を教えてください』と問合せてみた。高ければ良い、というわけじゃないと思うからね。エージェントおすすめの学校をいくつか教えてもらい、その中から韓国資本のセブにある学校に決定。ちなみに私が利用したエージェントは、2週間の留学でも少しだけ割引をしてくれました!

東京~セブの航空券

JALかキャセイで行きたかったけど、JALはマニラでPALへ乗継ぎがあるし(しかもターミナルが違うし乗継ぎも悪い)、キャセイも私の旅程では高かったので断念。結局フィリピン航空のチケットをCtripで購入しました。(フィリピン航空のサイトで買うよりも安かった!)

往復直行便もあったけど、往路マニラ乗継ぎのほうが安かったので、以下のチケットを50,577円(諸税込み)で購入。(あと数日早ければ、1万以上安いチケットがあった…)前回Ctripを利用した時は中国発行以外のクレジットカード決済は手数料がかかったけど、今回はJALカードの利用でも手数料はかからなかった。

フィリピン航空はアライアンス非加盟だけどANAにマイルもつくし、渡航1週間前というタイミングで購入した割には安かったと思います。

往路
PR427    13:30 NRT     17:25 MNL
PR1867  20:35 MNL     21:50 CEB

復路
PR436    14:45 CEB   20:30 NRT

[PR]航空券徹底比較『スカイスキャナー』

留学保険について

私の場合、海外旅行保険が付帯しているクレジットカードを持っているので、別途留学保険には入りませんでした。私は2週間何事もなかったけど、同じ学校の人でマリンアクティビティで怪我をして通院した人がいたので、保険は大事だと改めて思いました。

短期留学の場合はクレジットカードの保険でも十分かと思いますが、持っていない場合は保険に入ることを強くおすすめします。

フォローする