Day1:マレーシア航空直行便で成田→コタキナバルへ、サバ州立モスクを見学

Day1:2017/04/17

朝5:00頃に家を出て、電車とバスを乗り継いで成田空港へ。7:00に友達と合流。いつも一人旅なので、友達との旅行は久々!

今回はマレーシア航空で行くJTBのWeb専用ツアーを利用した。eチケットは空港渡しだったのでJTBのカウンターでeチケットを受取る。今年はJGC修行をしていたのでブッキングクラスが気になっていたけど、eチケットを見るとJALのマイル&FOP積算対象外の”O”だった。安いツアーなのでまぁそうだろうなーとは思っていたけど、ちょっとだけ期待していたので残念。

マレーシア航空のカウンターでチェックイン。

まだワンワールドサファイアになる前だったので、カードラウンジで一休み。余裕を持ってラウンジを出たつもりだったけど、保安検査がめちゃくちゃ混んでいてかなりギリギリになってしまい、搭乗口までひたすら走る…

[PR]年会費無料・海外旅行保険付帯のエポスカード

マレーシア航空 MH081 成田→コタキナバル

MH081 9:30 NRT-BKI
成田発は月曜と木曜だけ直行便が出ていて、この日は月曜なので直行便!(他の曜日だとKULで乗換えが必要)

マレーシア航空のエコノミーは初搭乗。

機内食のメニューは朝食。私はオムレツにした。友達はマレーシア航空にメールしてベジミールを頼んでいたけど(ベジタリアンではない)、ベジミールは積まれていなかったという…

なぜかドリンクサービスが私たちの前列あたりで終わってしまい、機内食についている小さいパックのお水だけで食事。特に飛行機が揺れた感じもなかったし、サービス中断のアナウンスもなかったと思うけど…?

食事が済んでもドリンクサービスが再開されることはなかったので、仕方なくコールボタンで呼んで飲み物をお願いした。

上空から撮った写真。海の色が綺麗!

[PR]航空券徹底比較『スカイスキャナー』

コタキナバル空港からUberで市内へ

14:40頃、コタキナバル空港に到着。送迎なしのツアーだったので、空港からの移動はタクシーやUberなどを使う必要がある。エアポートバスもあるようだけど、私たちのホテルはエアポートバスが走るエリアからも離れていたので、利用する価値はなさそうだった。

今回はUberを主に使うことにし、いつでもUberが使えるように今回は空港でSIMカードを購入しようと思っていた。空港の出口を出るとSIMカードを売っているカウンターが2社(HotLinkとDigi)あり、空いていた黄色い看板のDigiで1週間使える25MYRのSIMを購入。iPhoneのアクティベーションもやってもらった。

[PR]空港送迎サービスをVeltra(ベルトラ)で予約

ちなみにコタキナバルの中心部はフェリー乗り場(ジェッセルトンポイント)周辺で、ジェッセルトンポイントは”コタキナバルの中心部の端っこ”という感じ。ジェッセルトンポイントから徒歩圏内にホテルが集中している。
以下の地図を見ると、私たちが滞在するGrand Borneo Hotelはかなり街から離れていることがわかると思う。

サバ州立モスクへ

早速Uberを呼び、まずはサバ州立モスクへ。

サバ州立モスクに到着。空港からUberで6.22MYRだった(約160円)。安い!

ドライバーもお祈りするといって、モスクの中に入っていった。

女性はレンタルのローブを着る必要があり、入り口で無料で借りることができる。

モスクを見学したあとはまたUberで車を呼ぼうと思っていたけど、さっきと同じドライバーにホテルまで送ってもらうことにした。この分は現金でお支払い。

Grand Borneo Hotelにチェックイン

Grand Borneo Hotelにチェックイン。街の中心部からは離れているけど、綺麗なホテルだった。

ホテル直結の1 Borneo Hypermall(ワンボルネオ・ハイパーモール)の地下にあるピザハットで夕飯。

ショッピングモールには大型スーパーもあったので、ここで飲み物とお土産を調達。

日本の何倍もの大きさのカボチャ。

その後はワンボルネオ内をうろうろ。お店のラインナップはイマイチだけど、両替商(レートも割と良いらしい)やATMもあった。ホテルの立地は良いとはいえないけど、ワンボルネオ内にスーパーもあるし食事もできるので、このショッピングモールがあって本当に助かった。

明日は海へ!

[PR]【JTB】首都圏発のお得な海外ツアーといえば「Web専用商品」