Day3-1:コタキナバルのモスク巡り~ピンクモスクと水上モスク

Day3:2017/04/19

ホテルのレストランで朝食をとる。

コタキナバルのピンクモスク『UMSモスク』へ

1日目にホテルに向かう車から見えたピンクのモスクが気になり、Uberのドライバーにモスクの名前を聞くと”UMSモスク”と教えてくれた。UMSというのは University Malaysia Sabahの頭文字をとった名称で、サバ州立の大学内にあるモスクだそう。

ホテルが郊外にあったおかげで、たまたまUMSモスクを知ることができた。ちょっとラッキー!

[PR]オプショナルツアーはVeltra(ベルトラ)

ホテルをチェックアウトして荷物を預かってもらい、朝10:00頃ホテルを出発。
前日の経験からUberのキャンセルを回避するため、私たちの居場所や写真をドライバーにSMSで送るという作戦で無事に乗車。ホテルからUMSモスクまでUberで6.02MYR。

大学の敷地はかなり広く、大学のゲートからモスクまでも結構距離があった。

モスクに入るためにはローブを借りる必要あり(5MYR)。

UMSモスクの中へ。クアラルンプールにあるプトラモスク(通称ピンクモスク)にも行ったことがあるけど、クアラルンプールのピンクモスクは内装も絨毯も全部ピンクで可愛かった。

コタキナバルのピンクモスクは何だか地味だな…(外観は写真映えすると思う!)

大学にあるモスクとは思えない広さ。

[PR]航空券徹底比較『スカイスキャナー』

コタキナバル市立モスクへ

UMSモスクの見学を終え、Uberを呼んでコタキナバル市立モスク(水上モスク)へ。6.78MYR。

コタキナバル市立モスクは、水に浮かぶように見える大きいモスク。外観はクアラルンプールのブルーモスクにちょっと似ている。

コタキナバルのモスクはローブを借りないと入れないところがほとんど。市立モスクも外の売店で有料のレンタル衣装を借りる必要がある。ノーマルなタイプの衣装と刺繍などが豪華なタイプがあった。(レンタル料は5~10MYR)

衣装の種類は沢山あった。レンタルローブってだいたい無地のフード付きガウンで可愛くないけど、衣装を選べるのは珍しい。ローブを選ぶとヒジャブ(スカーフ)をコーディネートしてくれた。

12,000人収容の礼拝堂。ものすごく広い!

これがレンタルした衣装(5MYR)。スカーフがひらひらしていて可愛い~
ここのモスクの人はとても親切で、写真映えする場所(↓)を教えてくれて何枚も撮ってくれた。

モスクの外で友達と記念撮影。

市立モスクの見学を終えて、Uberで市内中心部にあるウィスマムルデカへ。7.20MYR。
ここは両替商がいくつも入っているショッピングセンターで、レートが良いらしく友達はここで両替。サピ島に向かうため、歩いてジェッセルトンポイントへ。