Day1:羽田→バンコク→チェンマイへ

Day1:2017/03/30

JAL深夜便で羽田→バンコク・スワンナプーム空港へ

深夜の羽田空港に到着。

羽田の国際線はプライオリティパスで入れるカードラウンジはないので、持っていたクレジットカードで入れるSKY LOUNGEでひと休み。

JL033 00:40発 HND-BKK

JALの深夜便でバンコクへ。古いシートでモニターも小さかった…
機内食はオムレツ。

朝5:00頃スワンナプーム空港に到着。次のチェンマイ行きはドンムアン空港発なので、そのままドンムアン空港に向かうことにした。

[PR]航空券徹底比較『スカイスキャナー』

バンコク・スワンナプーム空港からドンムアン空港へ移動

スワンナプーム空港の3番出口を出て、ドンムアン空港行きのバス乗り場へ。バス乗り場の近くにある受付でドンムアン空港発のeチケットを見せてバスに乗車。バス料金は無料

早朝で渋滞もなく、スワンナプーム空港→ドンムアン空港の移動にかかった時間は40分くらいだった。日本でいう成田空港⇔羽田空港間の移動みたいな感じなので、このバスが無料なのはとても有難い。

ドンムアン空港に到着。

[PR]年会費無料・海外旅行保険付帯のエポスカード

ドンムアン空港の社食 ”Magic Food Point”

ドンムアン空港には『Magic Food Point』という格安の食堂がある。ここは空港職員向けの食堂で、一般客の利用も可能。

Magic Food Pointへの行き方は、ドンムアン空港ターミナル1の団体専用出口を出て、クリニックを通り過ぎてまっすぐ進むと到着する。(向かいは駐車場)

食堂に入り、入って右側にある窓口で食券を購入する。(100バーツ)

チキンライスを注文(50バーツ/約150円)。空港内のレストランは高いけど、ここの食堂は空港職員向けなので安い。私が行ったときもエアアジアのCAが食事中だった。余った食券はカウンターに持っていけば払い戻しが可能。

国内線ターミナルへ。Thai Lion Airのカウンターでチェックイン。

プライオリティパスで入れるラウンジ、The Coral Executive Loungeへ。ここのラウンジは高級感あり。食事はサンドイッチなどがあった。

バンコク・ドンムアン空港→チェンマイへ

SL510 11:15発 DMK-CNX

1時間ほどのフライトでチェンマイに到着。チェンマイの空港から市内へは公共交通手段はないので、Uberでホテルまで移動した。150バーツ。

旧市街にあるBaan Nam Sai Hotel(バーン ナムサイ ホテル)にチェックイン。

この時期のタイは一番暑い時期で、38度くらいあったと思う。ホテルで少し休んでから街歩き開始。

ドンムアン空港でチキンライスを食べたあとなので、早めの夕飯も兼ねてターペー門近くのBlack Canyon Coffeeへ。パッタイ(エビなし)とコーヒーで173バーツ。コーヒーチェーン店のパッタイだけど、ここのパッタイは表彰されたこともあるらしく、本当に美味しかった。

まだまだ暑いけど街歩き再開。チェンマイは至るところにお寺がある。

ナイトマーケットの近くにはモスクもあった。

[PR]オプショナルツアーはVeltra(ベルトラ)

チェンマイ発 現地ツアーを申込み

この後は現地ツアー探し。いくつかツアー会社を周り、ナイトマーケットの通りにあるツアー会社でチェンマイ発のツアーを申込んだ。象乗り~カレン族(首長族)の村~いかだ下りのツアー(ランチ込み1,050バーツ)と、パーイへのバス(ホテルピックアップ込みで片道180バーツ)を申込み。象乗りやカレン族の村に行くツアーは800バーツくらいで探していたけど、1,200バーツくらいのところが多かったと思う。

翌日のツアーに備えて、早々と就寝。