Day6:ワット・パクナムへ、イムちゃんでパッタイをテイクアウト

Day6:2017/04/04

バンコクはノープランだったので、とりあえずBTSに乗りサイアムに行くことにした。

高級デパートのサイアムパラゴン。この辺りは前来た6年前と大きく変わっていない気がする。チェンマイやパーイに行った後なので、バンコクは本当に都会だなーと改めて感じる。

サイアムパラゴンのマクドナルドへ。ご当地メニューを食べようとサムライポークバーガーのセットをオーダーしてみたら、日本のテリヤキバーガーだった…

歩いてMBKへ。6年前とロゴが変わっていた。店内をぶらぶらしたけど何も買わず。

ワット・パクナムへ

夕方からワット・パクナムに行ってみることにした。MBKを出てナショナルスタジアム駅からBTSに乗り、 タラート・プルー(Talat Phulu)駅で下車。駅からワット・パクナムへは徒歩で行ったけど、30分くらいかかるのでタクシーかバイタクの利用がおすすめ。

[PR]VELTRA バンコク市内フォトジェニックスポットツアー☆巨大ピンクのガネーシャ+エメラルド色の仏塔+ナイトマーケット<土日限定/日本語ガイド>

駅から地図アプリを見ながらひたすら歩く。途中で雨も降ってきて散々だった。
この白い仏塔の中へ。

仏塔の中は1階から4階は博物館のようになっていて、仏具や各国からの贈り物などが沢山展示されていた。あまり興味はなかったけど、警備員がカタコトの英語で説明してくれたので一応聞く。展示エリアはさらっと見て、目的の最上階へ。

最上階にはワット・パクナムの一番の見どころ、エメラルドグリーンの仏塔とカラフルな天井の幻想的な空間があった。このグリーンの仏塔は、ガラスのような少し透き通った素材でできている。

ゆっくり見たかったけど観光客は私しかいなくて、警備員がずーっと付いてきたのでそんなに長居はできなかった…

帰りも歩いてBTSの駅へ。実はタラート・プルー駅からワット・パクナムに行く途中にBTSとは違うローカル感たっぷりの駅が見えて、帰りに寄ってみようと思っていた。地図アプリで確認してみると、ここは国鉄のタラート・プルー駅。高架鉄道のBTSの駅とは全く雰囲気が違う。

駅舎と繋がって屋台街になっている不思議な造り。バンコク中心部から少し離れただけで、こんな感じの駅がまだ残っているのね。

[PR]オプショナルツアーはVeltra(ベルトラ)

イムちゃんでパッタイをテイクアウト

プロンポンまで戻り、夕飯はイムちゃんでパッタイをテイクアウトすることにした。ここは日本人ご用達だけど、ローカルのお客さんも多い。50バーツのポークパッタイを注文。

ホテルに持ち帰って夕飯。ちゃんとパッタイにかける調味料やライムもついてきたので、色々混ぜていただいた。あー美味しかった!

フォローする