Day5:リスボンからコインブラへ、旧コインブラ大学のジョアニナ図書館、コインブラからポルトへ

Day5:2016/07/02

リスボンでSIMカードを購入

iPhoneを手に入れたものの、SIMカードが入っていないと初期設定すらできないので、開店時間に合わせてvodafoneに行き、8ユーロのSIMカードを買った。

マックで朝食を食べながらiPhoneの設定をしつつ、ダラダラ過ごす。この日はポルトへの移動日。リスボンからポルトに行く途中にある、コインブラで下車して観光する予定。移動手段はバスと列車があるけど、バスで移動することにした。

リスボンからバスでコインブラへ

セッテ・リオスバスターミナルに行くつもりが、なぜか勘違いしてカンポ・グランデバスターミナルに行ってしまった。でもここからでもコインブラに行けるみたい。あー良かった!
私が利用したのは有名なRede社ではなく、TAMEGA社のバス。バスチケットはチケットブースで購入し、14.40ユーロ。

13:30に出発。車内はフリーwifiも飛んでいて快適。

コインブラまではファティマを経由し、2時間ほどの道のり。TAMEGA社のバスはコインブラの街の中心部に止まったので便利だった。

私はこの後ポルトに移動するので、荷物は全部持ってきている。コインブラの一番の見どころである旧コインブラ大学は坂の上にあるので、荷物が多い人は荷物を預けてから観光するらしい。ちなみに駅にコインロッカーはなく、有料で荷物預かりをしてくれるカフェがあるとのこと。私はリュックにもなるタイプの機内持込みサイズのキャリーだったので、頑張って背負って坂を上ることにした。(→頑張って背負ったけど、もの凄く大変だったので預けたほうがいいと思った…)


[PR]年会費無料・海外旅行保険も付いたJCB EITカード

コインブラ観光~旧コインブラ大学のジョアニナ図書館へ

まずはサンタクルス修道院を見学。ちょうどミサが行われていた。

サンタクルス修道院を見学した後は、旧コインブラ大学へ。道に迷い汗だくになりながらも、なんとか坂の上にある大学に到着。

コインブラ大学はポルトガルで一番歴史のある大学で、世界遺産にも登録されている。
ジョアニナ図書館の入場を含むチケットは9ユーロ。ジョアニナ図書館はチケットに書いてある時間に入場するので、それまで旧大学内を見学した。

旧大学の敷地へ。

こちらは帽子の間。学位授与などの儀式に使われた場所で、元々は宮廷の広間だったらしく豪華な部屋。

時計台からはコインブラの街並みが一望できる。赤で統一された屋根がとても綺麗だった。

時間になったので、ジョアニナ図書館へ。中は撮影禁止。
ジョアニナ図書館は1724年に旧コインブラ大学の敷地内に建てられた図書館。作り付けの本棚に床から天井近くまで本がぎっしり入っている。室内の装飾も美しく、長い歴史を感じる重厚感のある図書館だった。

旧コインブラ大学を出て、近くの新カテドラルへ。新といっても1598年に造られた、歴史のある教会。

旧カテドラルでは結婚式が行われていた。

フラワーシャワー。

さて、そろそろコインブラを出ないと。駅へ向かう。

コインブラB駅。窓口でポルトのサン・ベント駅までの切符を買う。8.65ユーロ。

電車の時間まであと1時間くらいあるので、中心部に戻りジェラート屋でひと休み。

ピスタチオのジェラート。

ポルトガル鉄道(CP)でコインブラからポルトへ

19:43にコインブラを出発し、ポルトへ向かう。

アヴェイロで乗り換え。

22:40頃、ポルト サン・ベント駅に到着。

サン・ベント駅の構内は約2万枚のアズレージョで彩られている。ここは『世界で最も美しい駅』と言われていて、観光名所にもなっているらしい。確かにこんなに美しい駅見たことないかも!

駅の外に出て地下鉄に乗り換える。リスボンとポルトでは地下鉄のシステムが違うので、チケットの買い方が分からずちょっと戸惑う。地元の夫婦が助けてくれて、夫婦に頂いたアンダンテ・カードにチャージすることができた。乗車前には機械にアンダンテ・カードを忘れずにタッチ。ポルトの地下鉄は改札がないのでついタッチを忘れそうになるけど、見つかった場合は罰金を請求されるようなので注意!

Faria Guimaraes駅で下車して、Hotel Grande Rioにチェックイン。

[PR]オプショナルツアーはVeltra(ベルトラ)

フォローする