Day8,Day9:リスボン最終日、空港にてタックスリファウンドの手続き、リスボン発ドバイ経由で帰国

Day8-Day9:2016/07/05-07/06

リスボン最終日~街歩き

Day8:2016/07/05

ポルトガル最終日。ホテルから一番近いスーパーはpingo doceだったので、ここで買い物。お菓子コーナーはほとんどPB商品だった。お土産をいろいろ購入。

スーパーの奥にイートインコーナーがあって、ここで出勤前の朝食を食べている人もちらほらいた。値段も安い。

最終日なので街歩きもラストスパート。シアード地区へ。たまたま通りがかった教会、Igreja de Nossa Senhora da Encarnaçãoに入ってみた。

中に入ってみると、なんとグリーンの天井!この色づかい可愛いなぁ。

向かいにあった教会、Igreja do Loretoにも入ってみた。

この教会は中がピンク!

ストラティバリウスを発見。もう日本に上陸したんだっけ?この通りはInditexグループ(ZARA、Oysho etc…)のお店が並んでいた。ストラティバリウスではワンピースを購入。

ランチをテイクアウトして急いでホテルで食べ、チェックアウトして空港へ向かう。

ポルテラ空港に到着。エミレーツのカウンターでチェックイン。

リスボンの空港でタックスリファウンドの手続き

リスボンで買ったiPhoneのタックスリファウンドの手続きを空港でもしなければならなかったので、PREMIER Tax Freeのカウンターへ向かう。買ったものを預け荷物にする人もいるはずなので、出国前にもタックスリファウンドのカウンターはあると思うけど、場所は不明…

私は出国後にあったPREMIER Tax Freeのカウンターに行き、レシート、パスポート、免税書類、買ったiPhoneを見せた。iPhoneはすでに使っているので、還付が取り消しになったら仕方ないと思っていたけど、あっさりOKを貰い免税書類にスタンプを押してくれた。その後は免税書類を向かいにあるカウンターに提出して、手続き完了!(既に市内のPREMIER Tax Freeのカウンターで還付金を受取っているので、ここでの受取りはなし。その時の話はこちら) けっこうここで時間を取られたので、タックスリファウンドの手続きがある人は空港には余裕を持って行ったほうが良いと思う。

ドバイ行きのゲートは端っこなので走る。遠かった!飛行機は少し遅延していてセーフ。

[PR]航空券徹底比較『スカイスキャナー』

エミレーツ航空 リスボン発ドバイ行き

EK192 14:15  LIS-DXB

離陸後の機内食。メインはサーモンのバター風味。今回の旅の機内食の中で一番おいしかった。

離陸前にアイスクリームが配られた。

ドバイ乗継ぎ、帰国

25:00頃、ドバイ空港に到着。朝まで約7時間のトランジットなので、帰りもミールクーポンを貰っていた。またもやマクドナルドへ。

食事の後はプライオリティパスで入れるメルハバラウンジへ。結構混んでいて、座る場所を探すのが大変だった。ここで朝のフライトまでのんびり過ごす。

Day8:2016/07/05

EK312  8:00 DXB-HND

離陸後の機内食はまたサーモンにした。これはサーモンの照り焼き。

着陸前の機内食はチキン。この機内食、行きの便とまったく同じだった…

23:00頃に羽田空港に到着。終電には余裕で間に合った。

これにてポルトガル旅行が終了。ポルトガルはヨーロッパの中では物価も安めで、見どころも多く、とても魅力的な国だと思う。思い起こせばiPhone盗難、ユーラシア大陸最西端の証明書を紛失、トラムが1時間半も止まるなど色々あったけど、念願のアゲダのアンブレラ・スカイ・プロジェクトの傘のアーケードも見ることができたし、ポルトガルの美しい建築も堪能できて、最高に楽しいBirthday Tripだった。

フォローする