Day6-2:豪華絢爛なボルサ宮を見学、ドン・ルイス1世橋からの景色

Day6:2016/07/03

ポルト大聖堂(Se)へ

ポルト大聖堂(Se)へ。ここは市内で最も古い建築物なんだそう。

ちょうどミサが行われていて、中に入るとかなりの人で混み合っていて見学できそうもなく、すぐに出てしまった。

Seは高台に建っているので、大聖堂前の広場から街の景色が一望できる。遠くに見えるのはクレリゴスの塔。


[PR]オプショナルツアーはVeltra(ベルトラ)

ボルサ宮の見学ツアーに参加

お次はボルサ宮へ。英語の見学ツアーのチケットを買って(8ユーロ)、指定の時間まで近くの公園で時間を潰す。(ここは個人で見学ができないので、ツアーに参加する必要あり)

17:40に入場。ボルサ宮は19世紀に建てられたポルト商業組合の建物で、ごく最近まで証券取引所として使われていたのだそう。まずは紋章の間を見学。

床はタイルで模様が描かれている。

階段を上り2階へ。法廷の間、陪審員の間、議会の間などを見学。

最後はアラブの間へ。スペインのアルハンブラ宮殿を模して作られたこの豪華な部屋は、ポルトの財力を見せ付けるため18年もの歳月をかけて作り上げたんだそう。どの部屋も立派すぎて宮殿のようだけど、ここ元は商業組合の建物だからね…!とにかく豪華絢爛だった。

ボルサ宮を出て、ドウロ川沿いを散歩。川沿いにはテラス席のあるレストランがずらりと並ぶ。

ドン・ルイス1世橋を渡る

ドン・ルイス1世橋。この橋は上は鉄道、下は車用の道路になっていて、徒歩でも渡ることができる。行きは下の橋を渡ってみた。歩道はちょっと狭い。

橋から見えるポルトの街並み。綺麗だなぁ。

帰りは上の橋から戻ることにした。上の橋に行くまでの坂道が結構大変で、途中で休み休み歩く。

どこかの広場でサッカーワールドカップのライブビューイングをやっていた。みんなビール片手に観戦中。

夕飯はこのショッピングモールの中のフードコートへ。

私はタラのフリットを注文。ポルトガルはタラを使った料理が有名で、フードコートなので安いけど結構美味しかった。

夜のドン・ルイス1世橋はライトアップされていて綺麗だというけど、翌朝にポルトを出る予定なのでホテルへ戻る。メトロには乗らずホテルまでは歩いて20分くらい。いい運動になった!

[PR]航空券予約 サプライス

フォローする