JAL工場見学~SKY MUSEUM~に行ってきた

—————————————————————————–
ANAマイルの貯め方はこちら
Booking.comの2000円キャッシュバックはこちらからどうぞ
—————————————————————————–

2016年8月某日、友達が予約を取ってくれてJALの工場見学に行ってきた。
JALの工場見学は、飛行機を整備している様子を見ることができるらしい。超楽しみ!

東京モノレールの新整備場駅で下車し、駅前にある『JALメインテナンスセンター1』へ。

展示エリアを見学

受付を済ませ、まずは展示エリアへ。
ここの展示エリアにはサービス体験エリアやお仕事紹介エリアがあり、サービス体験エリアではビジネスクラスシートの椅子に座ることもできる。

お仕事紹介エリアは、客室乗務員、パイロット、航空整備士、グランドスタッフ、グランドハンドリング&貨物スタッフが体験できる。パイロットのコーナーはコックピットに座れるんだけど、子どもに占領されていたので私たちはグランドスタッフになってみた。

歴代の制服ずらり。

紺のミニ丈ワンピの制服、超可愛い! ミニ丈なんてこのご時世にはありえないんだろうな…

大人も制服体験できちゃう。

航空教室

その後の航空教室で座学。夏休み期間中ということもあり、小学生くらいの子供もたくさん来ていたけど大半は大人だった。航空教室は30分で、飛行機のことや羽田空港についてお勉強。

[PR]新規入会で初搭乗時に入会搭乗ボーナスマイルをプレゼント!オンライン限定。
入会キャンペーン実施中!

最後は本日のハイライト、格納庫の見学へ

ヘルメットを被り、グループに別れて格納庫へ。
格納庫は2つあって、主に重整備を行っているM1格納庫、それ以外の整備作業を主に行うM2格納庫がある。この日はレアな政府専用機も格納庫に来ていて超ラッキー!(政府専用機は普段は千歳に駐機しているので、なかなかお目にかかれない)

※これは政府専用機ではありません

椅子が機体の外に全部出てる!なかなか見る機会がないので面白い。

整備場は滑走路の目の前。JALの方がボーイングとエアバスの見分け方を教えてくれた。ストロボライトが1回ずつ点滅するのがボーイングで、2回ずつ点滅するのがエアバスなんだって。

工場見学終了後は羽田空港の展望台へ

工場見学終了後は友達と羽田空港まで行き、展望台で飛行機をたくさん眺めてから帰宅。

工場見学のお土産はJALストラップ

入館証は記念に持ち帰りOK。ストラップはJALのロゴ入りなのでいいお土産になった。売店でJALグッズも買えて、大満足の1日!

JAL工場見学の予約はこちらから(無料)→ JAL工場見学~SKY MUSEUM~

※当日の受付が開始時刻の30分前からなので、早めに行ってゆっくり展示ブースを見るのをおすすめします。