国内線に乗って貰える!デルタ航空・ニッポン500マイルボーナスキャンペーン

もう何年も続いているキャンペーンなので知っている方も多いかもしれませんが、日本の国内線の利用でデルタ航空のスカイマイルが貰える”ニッポン500マイルボーナスキャンペーン”というお得なキャンペーンを紹介しようと思います。(キャンペーン期間は2018年3月まで)

これはデルタ航空独自のキャンペーンで、通常通りJALやANAでマイルを貯めることに加えて、デルタのスカイマイルが片道500マイル(往復1000マイル)貰えるという太っ腹なキャンペーン。もちろんLCC利用の場合も申請すれば片道500マイル貰うことができる。

旅行期間:2017年4月01日〜2018年3月31日

対象となるフライト:日本国内定期路線(すべての航空会社・運賃・クラス)

ボーナスマイル獲得:片道フライトにつき500スカイマイル・ボーナスマイル。期間中、スカイマイル・メダリオン会員の方は、お一人様最大40フライト分(合計20,000ボーナスマイル)まで、スカイマイル一般会員の方は、お一人様最大10フライト分(合計5,000ボーナスマイル)までのボーナスマイルをご獲得いただけます。

デルタ航空のマイルはあまり使い勝手が良いとは言えないが、スカイマイルは有効期限がないのと、このキャンペーンはデルタに乗らなくてもマイルが貰えるので、とりあえず貯めておくのが良いと思う。

申請の際の注意点

このキャンペーンは注意点がいくつかある。以下の点に注意。

・旅行が終わってから 2ヵ月以内に送ること(FAXまたは香港に郵送)

・申請フォームは必ず全て英数字(ローマ字)で記入。
(例)×羽田→〇Haneda(HND)、×日本航空→〇JAL(Japan Airlines) など

「ご利用案内書」、「引換証ご利用案内書」、「搭乗案内書」、「搭乗証明書」などは、ボーナスマイルの加算対象外(必ず搭乗券・搭乗半券を添付)。搭乗券を発行しないタイプのチェックインの場合は、チェックイン時に各航空会社から発行される「お客様控え」などでもOK。

『必ず搭乗券・搭乗半券を添付』とあるが、JALやANAの『ご搭乗案内』のレシートでもマイルが加算された。ちなみにモバイル搭乗券(JALのタッチ&ゴーやANAのSkipなど)のQRコード画面キャプチャをPCに送り、それをプリントしたものを申請書に添付して申請したこともあるが、こちらの方法でも無事マイルが加算された。

以下は私のマイデルタの画面。スカイチームにほとんど乗らないので、マイルは一度も使っていないのにスカイマイルはこれしかない。

2016 JAPAN DOMESTIC FLIGHT BONUS MILES』で500マイル加算されているのが、昨年このキャンペーンで貰ったマイル。一番下の『JAPAN DOMESTIC BONUS-DENIED 2 MN LIMIT』は搭乗から2ヶ月以上過ぎてから申請したもの。やはり貰えるマイルは0だった…

[PR]航空券徹底比較『スカイスキャナー』

ボーナスマイル加算申請フォーム・送付先

ボーナスマイル加算申請フォームはこちら

 送付先:デルタ航空 ニッポン 500 マイル・キャンペーン 
 FAX(03-3505-2721または03-3505-2751) 
 郵送(P.O. Box 823 Tsuen Wan Post Office Hong Kong)

国内線にたくさん乗る人は、スカイマイル会員番号~メールアドレスまで記入(またはAcrobatReaderで入力)したものをPDF保存して使いまわすと楽だと思う。

[PR]中国最大級ホテル予約サイト!【Ctrip.com】

搭乗券を貼った申請フォームをPDFファイルにする方法

自宅にスキャナー機能があるプリンタなどがない場合は、スマホのアプリで簡単にPDF化することができる。
(申請用紙を記入→搭乗券を貼る→CamScannerのアプリで撮影→PDF化)

CamScanner スキャンPDF作成

CamScanner スキャンPDF作成
無料
posted with アプリーチ

無料でFAXを送る方法『HelloFax』

HelloFaxというWeb上で利用できるFaxサービスがあり、私はこちらを利用している。CamScannerのアプリで申請フォームをPDFファイルにし、HelloFaxからFaxを送信。コンビニなどに行く必要もなく、月5枚まで無料で送信できるのでとても便利。

HelloFax

送信先の番号は日本を表す国番号「+81」に続けてFax番号の先頭の「0」を抜いた数字を入力し、「SEND」をクリック。
例)FAX番号が「03-1111-1111」の場合、「+081311111111」と入力 → 送信


2018年3月までの期間限定となっていますが、ここ数年毎年延長になっているキャンペーン。来年3月以降の延長も期待しようかと思います!

[PR]年会費無料・海外旅行保険付帯のエポスカード

フォローする