Day7-2~Day9:Jetstarのダナン→ハノイが13時間遅延、帰国便乗り遅れ… 1日遅れでハノイから帰国

Day7

ホイアンからダナン空港へ

17時前にホテルを出発し、専用車でダナン空港へ。

Jetstarでチェックインし、荷物を預ける。

Jetstarのダナン→ハノイ行きが13時間遅延

私のフライト BL566 19:20発のハノイ行きはディレイしているようで、搭乗口で待つ。
電光掲示板の出発予定時刻がどんどん遅くなる… このハノイ行きのフライトは帰国便と別切りなので、これ以上遅れたらまずい。搭乗口にいるスタッフに出発予定は何時?と聞くと、まだ飛行機が到着していなくてわからないと…

時間通りに飛べば、BL566は20:40にハノイに到着。ハノイからの帰国便(JAL)は翌日00:25発なので、ハノイの乗継ぎ時間が4時間もあればJetstarが多少遅れても間にあうだろうと思っていた。

帰国便に間にあうか怪しくなってきたので、Skypeを使ってJALパックに電話。夜だったのでこの時間でも繋がる羽田空港のJALパックに電話した。とりあえず現在の状況は伝えたけど、私は成田発のダイナミックパッケージなので、羽田では私の情報がなく確認できないとのことだった。空港のWifiが弱く通話が途切れ途切れになってしまい、何度も掛け直したけど途中からまったく会話できず…

その後Jetstarからボトルウォーターが配られる。
3時間遅れて遂に搭乗できることに。もう帰国便には間に合わないけど、とりあえずハノイまで飛ぼう…

搭乗したものの1時間以上離陸せず、機内で待機。いつになったら飛ぶの??
その後耳を疑うようなアナウンスが…

『このフライトはキャンセルになりました』

搭乗口で3時間待たされ、機内で更に1時間待たされ、結局飛行機は飛ばずに降ろされた…

飛行機から降りて搭乗口まで戻ると、みんなスタッフに向かってキレまくってて、カオスな状態。っていうかアナウンスもないけど、これからどうすればいいの??

スタッフを捕まえてどうしたらいいのか聞くと、明日のフライトに振替えるとのことで空のチケットを渡された。今日のホテルは用意するので待っててと。預け荷物をピックアップしたいと言うと、それはできないと言われた。

空港の外に出てホテル行きのバスを待つ。1時間ほど待たされ、バスでダナンのホテルへ。

Jetstarが用意したホテルへ

Jetstarのスタッフがホテルのチェックインの手続きをしてくれていたのだけど、1人旅の私は『同性の他人と同室』という部屋割り。LCCだからホテルを用意してくれただけでもマシなのかもしれないけど、他人と2人部屋はキツイ…

私と同室になった女性も同室は嫌だと言い、『自分でホテルを探す』と申し出たので、私は一人で部屋を使えることになった。

やっと部屋に入れたのが確か深夜1時半頃。昼間は遺跡に行って汗をかいたままなので、シャワーを浴びたい。でも基礎化粧品は預け荷物の中だから、顔洗ったら何もつけるものがないし、ホテルのアメニティにシャンプーはあってもコンディショナーがなかったので、髪洗ったらバッサバサになる…
ちょっと悩んだけど、結局顔も髪も洗ってしまった。あースッキリ。

それから帰りの飛行機を調べたりして、数時間だけ眠った。

Day8

13時間遅れでダナン→ハノイへ

朝5時半にホテルのロビー集合で、バスでダナン空港へ。バスの中で水と朝食が配られた。肉まん(うずらの卵入り)とゆで卵のみ。朝食が出るだけマシか…

ダナン空港に着き、Jetstarカウンターに並んでいると日本人に声を掛けられた。どうやらこの日も突然のフライトキャンセルがあったようで、何だか大変そう。
カウンターで空チケットと前日の搭乗券を出すと、08:05発のチケットを貰えた!

前日から約13時間遅れでダナンを出発。

[PR]航空券徹底比較『スカイスキャナー』

ハノイ到着、帰国便変更の交渉

ハノイ空港に到着。国内線ターミナルから国際線ターミナルにシャトルバスで移動。私の帰国便は既にもう飛んでしまっているので帰国便をどうにかしなくてはらならない。ハノイの空港のWifiはまったく繋がらず、ファーストフードのお店に入ってお店のWifiに繋いだ。

SkypeでJALパック、ハノイのランドオペレーターなど、あらゆるところに電話をかけてみたけど、私のチケットは変更不可のチケットなので買い直ししかないでしょうと。どうしても難しいですか?と聞くと、ランドオペレーターの方がハノイのJALオフィスの番号を教えてくれ、その番号に電話してみたけど繋がらなかった(JALのハノイオフィスは2016年3月で営業終了したらしい)。JALのハノイ→成田行きは1日1便(深夜便)だけなので空港のJALカウンターは夜まで開かず、諦めてチケットを取り直すか、夜まで待って空港のカウンターで交渉するかの2択になった。

JALダイナミックパッケージとは別に購入した那覇→羽田のチケットは、JAL国内線の窓口に電話したところ、Jetstarの遅延証明書があれば返金できるとのことだったので、また国内線ターミナルに移動し、Jetstarのチケットカウンターで遅延証明書を作成してもらった。eJALポイントで全額支払ったチケットだが、日程の変更か返金か選択でき、返金の場合は現金かeJALポイント戻しか選べたので、現金で払い戻してもらった。ちなみに今回は自分が乗るフライトの時間より前に電話したので、フライトの時間を過ぎていた場合は払い戻しできなかったかもしれない。

そしてスカイスキャナーで帰国便の航空券探し。ベトナム航空、キャセイあたりで帰ろうかと目星をつける(こんな時でもできればワンワールドで帰りたかったので、キャセイのブッキングクラスもチェック…)。 でもチケットはまだ買わず、空港のカウンターで交渉してもダメだったら買うことにした。

夜まで空港で時間を潰し、21時頃にJALのチェックインカウンターに並び始め、カウンターオープンと同時に交渉開始。

交渉の結果は今のところ自主規制…いつか書くかも?
(JALの方はとても親切に対応してくれました!)

Day9

何とか1日遅れで帰国できました!! あー疲れた…

[PR]年会費無料・海外旅行保険付帯のエポスカード

別切り(別冊)航空券の注意点!

帰国時の別切り航空券の”同日乗継ぎ”は注意!

→今回は乗継時間が4時間弱あったけど、Jetstarが13時間遅延したため帰国便に乗れなかった。別切りの航空券で乗り遅れた場合は補償はないので、帰国便は翌日にしておくなど十分に乗継時間を持たせたほうが良いと実感した(充分に乗継時間を取ったつもりだったけど、13時間も遅延したのは想定外…)。または高くてもレガシーキャリアで通しで航空券を購入しておけば、次の便に振替えてくれるので安心かと思う。

フライトの変更ができるかどうかは『予約変更可能運賃』かどうかによる

→搭乗クラス(エコノミー、ビジネス等)の違いではなく、変更可能かどうかはブッキングクラスが重要。

代理店購入のチケットについては、代理店に確認

→変更不可のチケットの場合、代理店での交渉は難しいかと…

最終手段は空港カウンターで交渉

→最終手段はカウンターで直接交渉しかない。その場合、交渉の材料となる遅延証明や欠航証明などがあったほうが良いと思う。ただし証明書があったとしても、別切りの場合は自己責任なので、変更できるかどうかは交渉次第。

[PR]年会費無料・海外旅行保険付帯のエポスカード


LCCは遅延しやすいので、今回の件で帰国時の乗継はもう少し余裕を持たせたほうが良いと思った。チケットの買い直しになると負担額も高額になるし、帰国日が遅れて仕事に支障が出る場合もある。別切りチケットは使い勝手が良いのでこれからも使うことはあると思うけど、今回の件は教訓にしようと思う…