クアラルンプール旅行の手配~エアチャイナ片道+ANA海外発券を使用開始(2018年SFC修行第一弾)

先日、SFC修行第一弾でクアラルンプールに行ってきました。
クアラルンプールはもう何度か行っているので特に観光もせず、ホテルの部屋で年賀状を書く&街をちょっとぶらっとしてきただけで、あっという間に帰国しました…!

東京→クアラルンプールの片道航空券を購入

今回はANAのクアラルンプール発券の航空券を買っていたので、別途クアラルンプールまでの片道航空券が必要。私はANAと同じスターアライアンスの中国国際航空の片道航空券を購入することにしました。
その他、片道航空券を手配するためには以下の方法があります。

・特典航空券(片道)を予約する

JALの特典航空券は半分のマイル数で片道発券も可能。デルタのスカイマイルも片道分なら貯まっていたけど、JALもデルタ(スカイチーム他社便)も取れなかったので今回は諦めることに。マイルがあってコストを抑えたい人は、片道分はマイルを利用する方法が良いと思います。

・LCCで片道航空券を買う

エアアジアは羽田→クアラルンプールの片道が13,000円位から購入することができるので(※日程によって値段は異なります)、片道LCC利用もアリだと思います。でも有償で購入するのであればPP(プレミアムポイント)が貯まるほうが良いと思ったので、今回は却下。

・レガシーキャリアの片道航空券を買う

有償で買うならPPを貯めたかったので、スターアライアンスの航空会社で航空券を買うことにしました。スカイスキャナーで検索し、サプライスでエアチャイナ(中国国際航空)の羽田7:10発の早朝便を購入。8:30発の航空券は値上がりしてしまったのでやむを得ず…。

私が購入した片道航空券は29,630円。片道購入の場合、PP単価はあまり良くないので単価重視の方にはおすすめしません。

[PR]航空券徹底比較『スカイスキャナー』

そもそもなぜ海外発券をするかというと、日本で単純往復の航空券を買うよりもメリットが多いというのがその理由。その中でもクアラルンプール発券の一番のメリットはやはり航空券の値段が安いということ。変更可能運賃も比較的安価で購入することができます。

私は購入するタイミングが遅く値段が上がってしまったけど、それでもKUL-HND/HND-FUK/FUK-HND/NRT-KULでTotal 50,879円でした(ANA)。国内線にも乗れてこの値段なので、やっぱりKUL発券はお得だと思います。

航空券・ホテル

手配した航空券は以下の通り。往路はサプライスで購入した中国国際航空の片道航空券(北京乗継ぎ)、復路はANAのクアラルンプール発券を使用開始。

【往路】
CA422 HND 07:10 -  PEK 09:55
CA871 PEK  15:50 -  NRT 22:20

【復路】
NH886 KUL  14:15 -  HND 22:05

1泊目のホテルは空港近くのHotel El-Ray(ホテルエルレイ)、2泊目はヒルトン・クアラルンプールに宿泊。ヒルトンは公式サイトから予約するとWiFi無料などの特典がつくので、公式サイトから予約しました。

[PR]ホテル予約ならHotels.com

スケジュール

Day0:平和島温泉に前泊
Day1:羽田→北京、北京→クアラルンプール
Day2:クアラルンプール
Day3:クアラルンプール→羽田

フォローする